草むしり

庭の雑草をなくすには

庭があるとさまざまな用途で活用できますが、放置すると雑草だらけになるので定期的な草むしりが必要になります。手間をかけずに草むしりをするなら業者に依頼する方法がおすすめです。業者を選ぶ時は実際に草むしりを依頼した人の口コミを参考にすると良いでしょう。

ニュース一覧

庭師

プロに依頼するメリット

庭の管理を植木屋に依頼しておくメリットは、まず確実にきれいにしてもらえます。しかも見た目が良くなるだけでなく、花や木が育つようにしてもらえるのです。他にも雑草が生えないようにしてくれる、あるいは後処理もきちんとしてくれますし、熱中症やご近所トラブルも避けられます。

芝生

広い土地を持っているなら

芝刈りが大変だと感じたら、業者に依頼すると良いでしょう。年中無休で依頼できる会社であれば、土日しか空いている時間が無いという人も利用が可能です。立ち合いが不要であれば作業中に他の事ができるので、他にやる事があるという人に役立ちます。

チェンソー

敷地を整える

兵庫で伐採を業者に依頼するのに、まず見積書を取り寄せます。分かりやすい内容なら信頼ができます。次に例え一本からでも伐採の依頼を受けるような柔軟な業者を選びます。そして打ち合わせの中で対応に誠実さを感じる業者かも見極めます。

園芸

栽培に便利なアイテム

キュウリの育て方は基本的な野菜栽培の知識で事足り、使う用品も特別な物はありません。ただプランター栽培の場合には、支柱やネットがセットになった製品を利用すると便利です。また特殊な物としてはアルミテープを用意しておくと、虫除けとして使えます。

注意すべき病害虫

きゅうり

うどん粉病と害虫

キュウリは育て方が簡単とは言っても、病気や害虫などには注意が必要です。そこでここでは、キュウリ栽培における代表的な病気であるうどん粉病と、キュウリを好む害虫について確認しておきましょう。うどん粉病というのはキュウリの葉っぱに、白い粉をまぶしたような斑点が現れるのが特徴です。この白い斑点はカビの胞子であり、放っておくと葉っぱの表面が覆われて光合成が阻害されて枯れてしまいます。高温多湿の環境で発生しやすいので、株の風通しを良くしておけば発生を防ぎやすいです。さらに肥料の中に窒素の成分が多すぎる場合にも発生しがちです。既に発生している場合には斑点のついた葉っぱを全て取り除き、窒素成分の含まれた化成肥料の添加をストップしてください。同様の環境下ではべと病、褐斑病など病原性の病気も発生しやすくなります。風通しを良くしてバランスの取れた肥料を与えるのはキュウリの育て方の基本です。害虫としてはアブラムシの他、ウリハムシに注意が必要です。アブラムシはガーデニングや家庭菜園の天敵としてよく知られた害虫ですが、ウリハムシはその名の通りウリ科の植物を好んで食害します。成虫は葉っぱを食べ、幼虫は土の中の根を食べてしまうので株元から枯れてしまう場合もあります。対処法は成虫を見つけ次第駆除する事ですが、成虫は反射光を嫌うので、銀の反射テープなどを株の周囲に張ると飛来防止になります。アブラムシはキュウリの養分を吸われる事による被害と、ウイルスの媒介による病気などの原因となります。数が少なければ直接駆除し、数が多い場合には野菜用の薬剤を散布しましょう。お酢水を定期的に吹きかけておくと予防になります。キュウリは品種が多く、味や育て方の難易度などが異なります。病害虫への耐性も異なるので、最初のうちは丈夫な品種を選ぶようにして、育て方に慣れてから様々な品種に挑戦するようにすると失敗が少ないです。

Copyright© 2018 キュウリの育て方は簡単【丈夫な品種を選ぶ】 All Rights Reserved.